汚くなったら取り換える

家庭のフィルターには、必ずフィルターが付いています。 フィルターがあることでゴミが室内に侵入することを防ぎ、さらに換気扇の効果を最大限に発揮できるようになります。 ずっとフィルターを交換していないと、正しく使えなくなってしまうので気を付けてください。

なぜフィルターを付けているのか

外からゴミや虫が侵入しないように、換気扇にはフィルターが付いています。
使い続けていくうちにホコリが溜まるので、その頃になったら交換してください。
換気扇は、キッチンに備わっていることが多いです。
しかしホコリが溜まっていると、料理にホコリが混ざってしまう可能性があるので衛生面に問題があります。
また換気扇本来の力を発揮できませんし、換気扇の周りや室内も汚れるデメリットがあります。
いつでも綺麗な換気扇を使えるように、意識してください。

交換するのは、半年や1年に1回ぐらいで大丈夫です。
しかし換気扇のフィルターにもたくさんの種類があり、花粉など細かい粒子が入り込むことを防いでくれるものもあります。
それは効果を最大限に発揮するために、3か月ごとに交換した方が良いです。
まずは、自宅で使っているフィルターがどのような種類なのか知りましょう。
また掃除することで、フィルターを長く使えるようになります。

自分で換気扇のフィルターを交換する場合は、方法を必ず調べてください。
無理に力を入れて取り外したり、新しいフィルターを付けたりすると壊れる危険性があります。
正しい方法なら力を入れなくても良いので、丁寧に作業してください。
自分で交換することに不安を抱いていたり、かなり汚れているのでどこから掃除すれば良いのかわからなかったりする人もいると思います。
その際は遠慮しないで、業者に任せてください。
業者ならすばやく、確実に終わらせてくれます。

1年に1回ぐらいが一般的

家庭で使われていることが多い一般的なフィルターだったら、1年から半年ほど使えます。 期間が過ぎたら、すみやかに交換してください。 しかし家庭によっては、異なる種類のフィルターを使っているかもしれませんね。 フィルターの種類によって、交換時期が変わります。

方法を調べてみよう

正しい方法で新しいフィルターを取り付けないと、換気扇が正常に機能しませんし最悪の場合は壊れます。 自分でできる自信がなかったら、業者に任せてください。 手間を削減できますし、間違えて取り付ける心配もないので安全です。 信頼できる業者に依頼しましょう。