汚くなったら取り換える

綺麗な換気扇を使おう

換気扇にフィルターが備わっていないと、ゴミが簡単に室内に侵入してしまいます。
汚いですし、掃除も大変になりますよね。
また侵入するのは、ゴミだけではありません。
外に生息している虫も入ってきてしまうので、さらに衛生的な問題があります。
そのような事態を防ぐために、換気扇にフィルターが付いています。

取り付けた時のフィルターは綺麗だったでしょうが、ずっと使っていると汚くなると忘れないでください。
汚いフィルターが付いていると換気扇が正しく機能しないので、交換してください。
フィルターは、消耗品だと理解しましょう。
汚いフィルターを使っていると、換気扇の周囲が汚れます。
さらに汚い空気が室内に排出されるので、メリットがありません。

料理中に使うもの

キッチンで作業している時に、換気扇を回す人が多いと思います。
そうすることで、室内に料理中の臭いや煙が充満することを回避できます。
しかし換気扇のフィルターが汚れていると、ホコリやゴミが舞ってしまいます。
それが料理に入って、人体にも侵入するので危険です。
病気の原因になることも多いので、いつでもフィルターは綺麗にするように意識してください。

こまめに、換気扇のフィルターをチェックすると良いですね。
すると汚れてきた時にすぐ交換できるので、人体に被害が出ることはありません。
面倒に感じるかもしれませんが、換気扇を使っている以上必ずやらなければいけないことです。
快適に料理をするためにも、換気扇の存在が欠かせません。